生き恥

生きるは恥だが役に立つ

requestbin復活の呪文

requestbin復活の儀式

requestbinがいつか忘れたけどサービス終了してしてまって悲しいので復活方法を自分用メモとして残しておく。 github.com

Digitalocean設定手順(任意)

[Create]ボタンからテキトーにDropletをcreateしていく。スペックはテキトーに選択し、OSはテキトーにCentOS7系を選んどけば動く。
すでに登録したSSH Keyがあれがそれを選択するのも忘れずに。鍵を設定しておけば以下のようにsshできる。(どのユーザー名でログインできるのか大体わすれる)

$ ssh -i [秘密鍵] root@[IPアドレス]

必要に応じでDNSの設定も変更しておく。[Networking]から設定したいDomainを選択し、Aレコードを今回立ち上げたDropletのipアドレスに変更しておく。
(そもそものDigitalOceanでDNS周りを設定する方法はこちらを参考にしていただければ幸いです。

requestbinの復活

requetbinを起動していく。とりあえず各コマンドを雑に実行していく。(怒られそう)

$ sudo yum install git
$ sudo yum install docker-ce
$ sudo systemctl start docker
$ git clone https://github.com/Runscope/requestbin.git
$ curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.12.0/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` > docker-compose
$ sudo chmod +x  docker-compose
$ cd requestbin/
$ sudo ../docker-compose build
$ sudo ../docker-compose up -d

docker周りで上手く行かなかったらテキトーにココを見て設定する。最後に[IPアドレス]:8000にアクセスできればおわり。

参考